コシナ社製のライカマウントのマニュアルレンズ「Voigtlander(フォクトレンダー) NOKTON Classic 35mm F1.4 MC」。APS-Cのカメラに取り付けると換算50mmのレンズとなる。これが私のレンズ沼の原点だ。

SONY NEX-5N + NOKTON Classic 35mm

デザイン

FUJI X-E2 + NOKTON Classic 35mm

クラシカルな見た目のボディやケース、ストラップと良く合う。かっこいいカメラは、日々街に持ち出す理由となった。
オートフォーカスなどの電子制御は効かないが、その分操作性はとても優れている。ミラーレスカメラのフォーカスピーキングにより、スナップを撮るのも快適だ。

ボケ

Photo by NEX-5N + NOKTON Classic 35mm

ボケはレモン型で二線ボケになりやすく、くるくるボケでもある。

逆光耐性

Photo by NEX-5N + NOKTON Classic 35mm

光源があるとフレアや滲みも多い。コントラストも低下する。

まとめ

「Classic」と銘打つだけあり、欠点が多いレンズだ。
しかし、私はこれらの欠点はダメとは思っていない。むしろ最大の魅力である。

私は換算50mmのレンズがすごく気に入っていて、1本は常備している。小さな筐体は街撮りに馴染むし、自然な焦点距離は友人や家族を撮るのに向いている。私のこの感覚は、全てこのフルマニュアルのクラシカルなレンズから学んだことだ。

換算50mmは私の原点であり、基準であり、愉悦である。

作例

 

コメントを残す